退職後にオーストラリアへ移住

日本だけではなく、世界各地から退職後にオーストラリアへ移住する人が増えています。

これは、オーストラリアには退職者ビザと言う制度があるからです。

通常の観光ビザとは違って4年もの長期間滞在でき、その間の出入国の繰り返しは自由という制度です。

これにより、環境のよいオーストラリアで悠々自適の生活を送ることができます。

しかもこのビザ。英語力は問われず、健康で規定資産を保有していれば比較的容易に申請可能なんです。

さらに、まとまった資金を海外へ合法的に移動することが可能。

こういったことから、退職金を持って住みにくい日本からオーストラリアへ移住するシニア世代が増えているのです。









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。