移住地選びのポイント

当然のことですが、海外移住やロングステイを計画する為には、候補国の気候やビザ制度、住まいとなる施設の費用や物価、生活費がどのくらい掛かるのか、食生活はどうなのか、日本食材や日本食レストランはあるのか、治安、医療、生活環境、交通事情など、日本とは異なることが多々ありますから、あらかじめ調べたり理解しておく必要があります。

そこで、候補地選びや計画する上で最低限必ずチェックしておかなければポイントは下記の事項です。

@ビザ(査証)関係
・ビザには国によって様々な種類がありますが、長期滞在にはビザの取得が必要。
・短期の場合、ビザなしや観光ビザで滞在できる国が多い。
・リタイアメントビザでは、1年以上の滞在ができる。
ビザなしで滞在できる国とその滞在期間はさまざまです。

A気候
移住定住はもちろん、ロングステイでも滞在先の気候が大きなポイントになります。

B時差と移動時間
ロングステイでは時差ボケを解消することが必要。

C物価と生活費
当然のことですが、滞在国により生活物価の違いがあります。
住居費や滞在費用、生活費は緻密な計算が必要。

D食事や食文化
ロングステイでも日本食にこだわる人が多いと思います。
国によっては、普通に日本食レストランがありますが、日本食の食材が一般でも手に入るかは調べておく必要があります。

E医療関係
滞在地の医療設備や技術は日本と同様の場合が多いですが、医療制度は違うのでよく調べる必要があります。
又滞在地によっては医療体制の良い私立病院は治療費が高価なため、旅行保険への加入が必要です。

F言葉の問題
滞在地の言葉は事前に少しでも使えるようにすることが大切です。

G生活環境
滞在地の生活環境は日本と違います。特にインフラ状況を理解しておく必要があります。

H治安関係
滞在地の治安状況をよく把握して心構えをする必要があります。

I交通事情
滞在地の交通機関など交通事情を事前によく調べておく必要があります。
ロングステイでは、タクシーやレンタカーでの移動も便利です。

J親日度
以外に軽視される方も多いですが、長く滞在する場合は現地の方々と接したり交流する機会も増えますので理解しておく必要があります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。