海外移住するには?

海外移住をした方、又、海外移住を考える人は、近年増加の傾向にあります。
老後を快適に過ごしたい・・・とか、不況で住み辛い日本よりも海外移住は生活レベルを上げて過ごせる・・・とか。

大自然に囲まれて、悠々自適で夢のような毎日を送れる海外での生活に憧れる気持ちは、誰もが持っているものではないでしょうか。

しかしながら現実的に見れば海外移住は憧れだけでは成功しません。

海外で生活するためにはそれ相応の準備をしなければいけません。
査証の申請・取得についての情報や移住するための条件などの情報、さらには移住後の現地での生活情報など知っておかなければならないことはたくさんあります。

海外移住に必要な情報を事前に把握してから行動を起こすことで、失敗のない快適な海外ライフを送ることができます。

当サイトでは、すでに海外移住をされている方々や海外移住を具体的に考え進めておられる方々の経験や口コミ情報を中心に世界各国の査証情報・リタイアメント制度情報まで公開しています。

日本から飛び出して海外移住をとお考えの方々に少しでもお役に立てれば幸いです。




アメリカへの留学ってどうなの?

留学先の渡航先としては、なんといっても一番人気はアメリカ(USA)です。

勉強やキャリアアップだけではなく、スポーツ、映画、アート等さまざまなジャンルで自分の夢を叶えるために世界中から大勢の人たちが集まってきます。

自由で最先端の社会機能、民度的にも刺激たっぷりのアメリカで留学を経験することは、人生においてもキャリアにおいても大きな財産となってその後の自分を支えてくれます。

ニューヨークやロサンゼルスなどの華やかな大都市で過ごすだけでなく、マイアミやアトランタなどの個性あふれる街で過ごす留学も人気です。

そのアメリカ留学の魅力は・・・。

@各分野のトップレベルの人々に囲まれて良い刺激を受けられる
A大学やスクールの設備が整っており、質の高い教育が望める
B都市部での生活は便利そのもの
Cさまざまな国の人が集まっており国際的なネットワークを得られる
D留学後、就職活動やキャリアアップに有利になる

などなど。

アメリカは「世界に向けて羽ばたきたい」「今の自分を変えてみたい」と考えている人にとって最高の留学先なのです。

アメリカ留学経験はキャリアアップや資格取得に直結するため、現実的なメリットを重視する人にもぴったりですね。

優秀な教師陣、スクールやホームステイの充実した受け入れ体制、便利な生活、どれをとっても一流のアメリカは、訪れる人たちの夢と才能を開花させるパワーをもっています。

口コミでも・・・

日本、海外、国籍を問わず色んな友達ができ、価値観の違いを学べたと思っています。
英語に対する意欲も今回の留学でさらに沸いたと強く感じています。
出発前にも親から「やりたい事はなんでもやってみなさい。あれやればよかった行けばよかった、と帰ってから絶対に後悔しちゃだめ」と強く言われていたので、とにかく滞在中はやりたい事は全部やる、という勢いで挑戦していたつもりです。
その気持ちは帰国してからも変わらずに持ち続けています。

と。留学でプラスになったと感じる人が大多数。

アメリカ留学のもっと詳しい情報はコチラ!

人気の滞在都市での詳細モデルや体験談から留学費用や安全情報まですべて無料でご覧になれます。

▼留学を検討されるならコチラが一番人気ですよ!





| 留学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退職後にオーストラリアへ移住

日本だけではなく、世界各地から退職後にオーストラリアへ移住する人が増えています。

これは、オーストラリアには退職者ビザと言う制度があるからです。

通常の観光ビザとは違って4年もの長期間滞在でき、その間の出入国の繰り返しは自由という制度です。

これにより、環境のよいオーストラリアで悠々自適の生活を送ることができます。

しかもこのビザ。英語力は問われず、健康で規定資産を保有していれば比較的容易に申請可能なんです。

さらに、まとまった資金を海外へ合法的に移動することが可能。

こういったことから、退職金を持って住みにくい日本からオーストラリアへ移住するシニア世代が増えているのです。








海外滞在での現金使用と管理

通常、海外旅行ならクレジットカードが便利ですが、長期滞在や移住となるとやはりその地の現金が必要になってきます。

そこで便利なのが、国際キャッシュカードです。

このカードがあれば、日本の銀行口座にあるお金を海外のATMから現地通貨で引き落とせます。

クレジットカードとの違いは、利息が付かないことです。(クレジットカードで現金を引き出すと、いわゆるキャッシングローン、つまり借金となりますので、利率がかかってしまいます)

国際キャッシュカードであれば、国内で使うのと同じように、海外でもお金を引き出すことができる・・・というわけです。

もし、緊急にお金が余分に必要になった場合でも、日本にいる家族、親族が口座にお金を振り込んでくれれば、自分は海外で引き出すことができるわけです。

各銀行で国際キャッシュ対応カードの発行サービスがありますが、発行手数料が要る銀行もあります。

また、引き出し手数料が1回ごとに約200円かかる銀行もあります。

それと、日本の銀行サイドは限度額50万円の設定が多いのですが、実際に現地の銀行では1日の限度額が50万円以下のこともあるので、多額のお金を一度に引き出すことは難しいのが現状です。

ですが、一般生活での現金使用を考えますと問題は無いでしょう。

むしろポイントは、引き出すたびに手数料もかかってしまう銀行が多いことと、為替手数料として、換算レートに約4%加算分の手数料を取る銀行があることです。
これは、レートの中に含まれてしまうので、手数料としてはかかってないように見えるが、実は結構取られている・・・・ということになります。

そこで、発行手数料、引き出し手数料がかからないことを考えると、
世界で使える国際キャッシュカード!ワールド・キャビットが一番お勧めの国際キャッシュカードになりますね。





海外滞在やロングステイ、移住の具体的方法

■観光査証で入出国を繰り返す方法

国によって異なりますが観光査証の延長によって3ケ月から1年の滞在の後、一端出国し再入国を繰り返す方法です。
滞在手段や目的は人それぞれ、観光入国の身分ですので不都合もありますが、現実的には観光査証のままで住み着いたり個人事業をしている日本人も多くいます。
また最近よく耳にするロングステイは、言葉の解釈がバラバラですが、基本的には観光査証による滞在型の旅行のことをいいます。


■中高年向けの特別優遇制度を活用する方法

年金受給や貯蓄を条件に居住査証や永住権が発給される制度(通称リタイアメント査証)があります。
現在22ケ国で実施されていますが、条件や内容は国によって異なり、年令制限の無い国もあります。


■ワーキングホリデー査証を取得して移住のステップにする方法

日本と全7ケ国間で相互協定を締結しています。
査証取得すると1年間の就労と自由な滞在が認められます。


■海外ボランティアや留学に参加して移住のステップにする方法

生活滞在の経験を積んだり、現地人脈などを作ったりすることができます。


■国際結婚する方法

最も簡単な移住方法です。
投資の必要も無く、原則的には無条件で相手国の居住査証が発給されます。


■現地企業に就職する方法

現地で働くには就労査証や労働許可証が必要です。
国によって手続き方法は違いますが、多くの場合、雇用主が関連機関に書類を提出し取得します。
また日本人を雇用するには相当の理由と条件が必要になり、現実的には現地資本100%の企業よりも日系企業に就職する方が早道となります。


■駐在員として現地赴任する方法

海外進出している日本の企業に就職し、駐在員として現地に赴任します。


■起業する、会社を設立する方法

会社を現地に設立することで滞在許可と就労許可を取得します。
多くの国では起業などの投資を歓迎していますが、外国人の投資認可基準は国ごとに異なり、会社を作らなくても投資・起業許可が得られる国もあります。
投資や起業というとおおげさなイメージがありますが、実際は趣味の分野などの個人ビジネスから本格ビジネスまで、その形態はいろいろです。
就職などの雇用契約の代わりに、特定企業と業務請負契約を交わして就労するスタイルも考えられます。
また外国人名義での土地購入ができない国でも、会社名義での購入登記は多くの場合可能です。


■公募永住権制度に応募する方法

居住経験を経ないで、初めから永住権が取得できる「公募永住権システム」を6カ国が実施しています。
抽選制度とポイント制度などがあり、ポイントシステムは職務経歴や英語力などによって選考されます。
永住権は永続して住める権利のことで、市民権は国籍を意味します。
また、海外の市民権(国籍)を取得した場合は、二重国籍を認めていない日本の法律によって、日本国籍を放棄します。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。